tonegawandreのブログ

生きている

逃げるは恥だが役に立つ新春SP感想、文句

逃げるは恥だが役に立つ新春SPに対して抱いた感想を列挙してみる。ネタバレ注意。

  • 論破しすぎでは?
    前半見ていていだいた感想はまず、スカッとジャパン?だった。そのくらい、主人公たち陣営VS新キャラ陣営の対立構図がはっきりしていて、主人公たち陣営が新キャラ陣営を論破しまくる。正直むかついた。野木脚本作品、私は逃げ恥、アンナチュラル、MIU404しか見たことがないが、いずれも(特にMIU404)「レッテル貼り」や「悪意の他者化」への問題意識を強く感じていたので、このような論破展開は正直いやだった。(その分、セクハラ上司がコロナ対応に関しては適切に処していた、という描写は良いと思ったけれども。)ヒラマサもみくりも、お前らそこまで偉いんか?と思ってしまった。論破の数はもっと少なくてよかったんじゃないかなあ。(これに関しては、もちろんヒラマサだって男は子育て手伝う程度でいいんだぜー♪的家父長制的価値観を内面化していたことが明らかになる描写もあったしもちろんスカッとジャパンではないんだろうが、やっぱ論破シーンはどうみてもスカッとジャパンすぎて、いやになってしまった)
  • 主人公らは結局「紋切り型」なのが残念
    このドラマでは、いわゆる「多様なライフスタイル」の人々が描かれる。シングルマザー、ゲイカップル、レズビアン、自分一人の家を持つ独身女性―そして主人公二人は、ヘテロ男女カップルだが、現在の日本の家父長制的制度・価値観に違和感を持っている。それゆえに二人は選択的夫婦別姓が実現するまでは入籍せず事実婚状態でいると決め、子供が生まれても二人とも同期間の育休を取得する。しかしながら、その二人の目標は作中もろくも敗れる。前者に関しては、妊娠によって。そして「女」だから、という理由ではなく、様々な就労条件を加味したうえで、みくり(女)の方が姓を変える。後者に関しては、コロナ禍によって。ヒラマサ(男)の方が就労条件の厳しく人手も潤沢ではない(おそらく)ベンチャーであるため、育休短縮を余儀なくされる。
    結果だけ見ると、主人公二人は女が姓を変え、男だけが働きに出る、という、非常に紋切り型カップルとなってしまったのだ。もちろんそれに至るまでにいろいろな思惑、原因があったとしても、なんだかなあ…と思ってしまった。せめてドラマの中では、口先だけでない、本当の新しさを見せてほしかったなあなどと思ってしまった。みくりだけ育休短縮する、という展開の方が見たかった。これは野木の意図的なものなのだろうか?(そんなに簡単に社会は変わらねーよ、的な?)それにしてもちょっと悲しい。

  • ガンバレ人類!
    うるさい

  • まとめ 
    ちょっと全然あんまりまとまってないけど、全体的にこのドラマは面白いと思う。色々問題提起されていて、それだけでも価値の高いドラマであることに間違いはない。ただ、意外と収まるところに収まってしまったなあという、若干肩透かしを食らった感があった。とりあえず世界はもっとよくなってほしいし、コロナは滅べ、あとガラスの天井全然割れないな、おかしいな。